ロゴデザインの作成

ロゴデザイン作成の注意点

ロゴデザインの個々の要素の関係に注意が必要です

ロゴデザインを作成するときには文字の情報、図形の情報、記号の情報等といった具合に個々の要素を全体として一つのデザインにまとめていく作業が必要になります。

ロゴデザインを作成するときに忘れてはならない注意点が大きく二つあります。

まず一つ目は、ロゴデザインの個々の要素が他人の権利を侵害するものであってはならない、ということです。

例えばロゴデザインの一部であっても有名なキャラクターデザインを転用していると後で問題になる場合があります。

このため個々の要素に他人の権利を侵害することになるものがないか事前に検討が必要です。

二つ目は、個々の要素は他人の権利を侵害するものではないのですが、全体が集まったときの全体の外観が他人の権利を侵害しているものになっていることがないかのチェックが必要です。

ロゴデザインのデザイナーが意識していなくても全体から受ける外観が他社の権利を侵害する場合があるからです。

ロゴマークの参考情報