ロゴマークの選択

ロゴマーク選択の注意点

他人のロゴマークの権利に注意する必要があります

他人のロゴマークを全くみないで独自にロゴマークを完成させた場合であっても、そのロゴマークの使用が他人の権利を侵害する場合があります。

著作権の場合には、他人の著作物の存在を全く知らないで新たな創作をした場合には、他人の著作権を侵害することにはなりません。このため新たなロゴマークを他人のロゴマークと別個独立に完成させた場合には著作権の問題は生じません。

これに対し特許権、商標権等の産業財産権の場合は事情が異なります。これらの権利は審査を経て登録により発生します。このため他人の権利の存在を知らなかったといっても産業財産権の行使を免れることはできません。

またロゴマークに特許権、実用新案権、意匠権、商標権等の産業財産権が設定されていない場合でも、勝手に使用すると不正競争法等の法律に違反する場合があります。

誰のものも真似していない場合であってもロゴマークを使用できない場合がある、というのは覚えておいて損はないと思います。

ロゴマークの参考情報